ガーナトップガーナ生活>ガーナツール


蛇口

蛇口に鍵

水が出るところがどうなっているのか?

という写真を更新します。

見てのとおり鍵がかかっています

これはタンクはありますがつながってません。

日本の普通の水道と同じです。

だからそれなりにきれいな水が出る

そうするとやっぱり勝手に持っていく人がいるんですね。

電気とか水とか最初に通ったときにはみんな感動するんですが

どうやらそれにお金がかかるという感覚がないものらしいです。

だからわんさか使ってお金が払えなくなってとまってしまう。

ってことがよくあるみたいです。

日本も最初はそうだったのだろうか・・・

と疑問に思う今日です。


水タンク

デカ水タンク

ガーナ含め、発展途上国にとって水ってのは非常に重要なものです。
特にそれは田舎に行けば行くほど大変な事になります。

”水道から出てこない”なんてもってのほか、
”井戸から出てこない”何てこともあるくらいですから、
田舎に派遣される隊員にとって水ってのは命をつなぐ大変貴重なものです。

ガーナの隊員で恵まれたところ以外の隊員には水に関する武勇伝を1つは持っているものです。

夜雨が降ると起きてバケツを出す。
水がないから汗を出して垢をこすった。
水がないから皿をそのまま冷蔵庫に入れた。

さてそんな水をためるために重要なのがこの水タンクです。
高さは1メートル50センチくらいだったかな?相当な量の水が入ります。
そこに雨どいが見えますかね?こうやって水を貯めるわけです。

これはほかの発展途上国でも使っているらしく、
これを頭と腰で支えて山の上まで運ぶなんて写真も見たことあります。

私のところは水に苦労しないところだったんですが・・・いざ帰ってきてみるとおいしくなかったな・・・と思います。

どっちが良かったやら・・・


マット

ガーナマット

ガーナっつうところはなかなか産業がないんですが、

その中で全国にある有名どころの会社といえば

このマット販売の"RATEX FORM"ですね。

これは地方都市までだいたいあるガーナでは珍しいチェーン店って行ったらいいんですかね?ガーナでは非常に有名な会社です。

写真には一応大きさを示すために蚊取り線香をおいてみました。

他意はないッス

そのままのスポンジマットでもちろんカバーつきのもありますが、

一番お手ごろで、何もしかずこのまま寝るのが普通です。

値段的にもそんなにはるもんじゃないのでお客が来たとき向けの一品です。

私のメイン部屋の床がコンクリなところもみてほしいかなー


ケンテ服

ケンテ服

今日はガーナの典型的模様、ケンテを紹介します。

そのケンテをパターン化して服を作ったのが写真です。

服としてオレンジで日本の感覚で言う派手すぎ!

ぶっちゃけ、日本人は似合いません。

ただ現地に行った直後、ホームステイをするのですが、

だいたいその家族から隊員はいただくことができます。

ちなみに帰りも大体もらえるのですが・・・

こういう派手さを着こなせるのが黒人さんのすごいところ。

日本のように無難プラスアルファではありません。

そういう感覚の違いがいろいろなところに現れるのかも・・・


カトラス

カトラス

ガーナの十得ナイフカトラスです。

どんなところが十得か?

一、草を刈れる

一、穴を掘れる

一、木を切れる

一、パイナップルなどフルーツも切れる

一、缶詰をあけられる

一、先生がぶちきれたときに罰を与えるときに使う

ただしナイフのくせに切れずに打撃武器として
生徒を骨折させたらしい・・・

注 ガーナ人の先生がよっぽど切れたときらしいです。

ガーナでは体罰は何の問題もなくOKです。素手でたたくのは禁止


セディ

ガーナのお金

ガーナのお金の単位はセディといいます。

(真ん中上から)2万セディ札、1万セディ札、(左上から)5000セディ札、2000セディ札、1000セディ札

(右上から)100セディ硬貨、200セディ硬貨、500セディ硬貨の写真です。

裏表、そして使ってへたったのと新品です。


おみやげに5000セディ札、2000セディ札、1000セディ札をセットで渡しました。

みんな値段を聞いてがっくりしてました。(1ドル=9000セディくらい)

※最近通貨切り替えがありまして今はこれではありません。


ケンテクロス

ケンテクロス

トップの題名のところにもありますが

このようなパターンを繰り返して作る

ガーナの布をケンテクロスといいます。

ガーナの伝統的なアイテムですね。

見てのとおりド派手な模様なんですが

ガーナ人の黒い肌はド派手がよく似合うんだな、これが。


すり鉢

ガーナすり鉢

このガーナのすり鉢はガーナに住めば

間違いなくお世話になるものです。

とにかくガーナの食べ物は基本的に原型とどめませんからね。

このすり鉢はメインのものではなく、味付けに使うものを作る傾向にありますね。

トマト、たまねぎ、ぺぺ(ペッパーのこと)は必ずつぶす。

つまり何にでも入ってるってことです。(この3つの中で嫌いなものがあったらガーナは無理だと思います)


チャコールポット

チャコールポット

鉄でできてるやつがそのチャコールポットです。

言ってしまえばガーナのかまど

聞いたところによるとこれがガーナに定着したのは隊員活動の成果だとか。

ガーナ全国で見ますから、隊員がんばった。って感じかな。

上に炭のせて下から空気を送る構造になってます。


これにはまって、毎日これで料理する現地化隊員もいましたなー


キーソープ

キーソープ

ガーナの代表的アイテム、キーソープです。

写真の黄色の積んであるものがそうです。

これは洗濯から食器洗いと何でも使えるという石鹸です。

お土産としていけるというほどの代表的アイテムです。

オレにはそんな勇気はなかったけど・・・